< 信頼性 | 客観説TQM
  • 古典品質管理からの脱却
設計審査

設計審査:広い間口で設計のチェック

設計審査(DR:design review)とは、ノウハウを豊富に持つ専門家集団(DRチーム)が製品設計や工程設計を審査して、事前に設計の欠陥を是正する活動をいう。   設計要因による事故や …

続きを読む


DRBFM

DRBFM、失敗から学ぶ設計審査

新製品の設計審査は、経験不足からいろいろな欠陥を見逃すことが多い。そこで、設計変更の際に、トラブルの情報が相当に分かっているから、そのデータを生かして精密に設計審査を行おうとするもの。   …

続きを読む


中部国際空港

中部国際空港の保安検査ミス

2008年11月5日、中部国際空港の保安検査装置の電源がOFFのまま30分にわたって保安検査が行われ、その後気がついて離陸前の3機の乗客を全員降ろして再検査となった。 保安検査は、機内に危険物を持ちこ …

続きを読む


トンネル

新幹線トンネル剥落事故

2006年12月11日、山陽新幹線のトンネル内に異常見つかった。天井の一部が剥離して、線路の間に2個のコンクリート片が落ちていた。同年8月に点検した時点では異常は認められなかったという(報道記事)。 …

続きを読む


fta-catch

FTA 解析:事故発生の頻度計算

「故障の木解析」とは、想定した重大事故の発生頻度を事前に解析する手法である。   想定した重大事故を「トップ事象」として最上位に配置し、要因事象を下に展開し、さらに必要に応じて下に展開して発 …

続きを読む


cap-fmea

FMEA 故障モードと影響の解析、事故の予防

製品や工程などの「故障の起きにくさ」、つまり信頼性を評価する手法・活動である。製品の故障モードや工程の故障モードの意味、影響の意味、評価の仕方について具体例を説明する。当研究所が開催するFMEA/FT …

続きを読む


新幹線台車の亀裂、再発防止策は?

2017年12月11日、新幹線「のぞみ」の台車枠に亀裂が生じた。 原因は、7mm以上必要な肉厚が溶接部の削りにより最小で4.7㎜しかなかったことにあると推測される。   メーカーの川崎重工が …

続きを読む